生理前にニキビが出来る原因

生理はエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンの分泌によって起こります。
生理の2週間ほど前になると、プロゲステロンの分泌が盛んになり、頭痛や肩こり、むくみや肌荒れなど体調不良に悩まされるようになります。
このプロゲステロンには皮脂の分泌を促進する作用があり、生理の前に皮脂の分泌が多くなり、肌も水分量が少なくなり乾燥しやすくなる特徴があります。
肌の乾燥が進むと角質も厚くなり、毛穴が詰まりやすくなります。
排出できなくなった皮脂にアクネ菌が繁殖し、炎症を起こしてニキビとなります。
生理の始まるころになると皮脂の分泌量が増え、ニキビが急に悪化することとなります。
生理が始まると数日後にはエストロゲンが増え始めます。
エストロゲンには肌の新陳代謝を促進する作用があり、体調も肌の調子も良くなります。
生理の期間が終わると、生理の前に生じたニキビも治まります。
このサイクルに合わせた食事や睡眠などの体調管理やお肌の手入れ方法を変える工夫があれば、ニキビの発生も抑え、より快適に過ごすことができます。